豊かな経験と確かな実績で21世紀のケアを切り開く 一般社団法人京都市老人福祉施設協議会(市老協)

京都市老人福祉施設協議会(市老協)について

トップページ > 京都市老人福祉施設協議会(市老協)について

会長挨拶

京都市老人福祉施設協議会(以下、市老協)のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。平成27年4月から会長に就任いたしました、山岸 孝啓(やまぎし たかひろ)でございます。


当協議会は、急激な高齢化が進行するなかで、高齢者福祉施設に課せられた使命の重要性の上にたって、高齢者福祉サービス向上のための課題を調査・研究するとともに、実践活動を通じて高齢者福祉の増進に寄与することを目的として様々な事業・活動を行っております。

また、京都市内で社会福祉事業を行うことを目的に設立されている社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームなど、108施設すべて加盟している協議会です。

市老協加盟の各施設は、特別養護老人ホームの他に、ケアハウス、養護老人ホームなどの居住型サービスを主たる事業としており、併せて通所介護(デイサービス)、訪問介護(ホームヘルプサービス)、居宅介護支援(ケアマネ)事業所、地域密着型サービスなど多様な福祉・介護サービスを実施しております。


市老協は、高齢者福祉及び介護サービスの調査研究、質の向上、事業の充実、職員の交流や情報交換などを通して、高齢者の方がどこの加盟施設を利用されても質の高いサービスを提供するとともに、行政や関係団体とも連携し、現場の実情や声を積極的に施策に反映させることにも、より積極的に取り組んで参ります。また、全加盟施設の共通課題であり、たいへん切実な課題である福祉介護人材の確保、定着にも市老協を挙げて取り組みたいと考えております。


超高齢社会の中にあって、介護報酬改定や人材確保難など、福祉業界に横たわる課題は多く、果たすべき使命は多岐にわたりますが、会員施設の皆様のご理解とご協力のもと、京都市の介護サービスが市民の皆様から信頼され、安心で住み続けられる地域社会をめざして、努力を重ねていく所存です。どうか、皆様の暖かいご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


一般社団法人京都市老人福祉施設協議会
会長 山岸 孝啓

理事・監事の紹介

中村 倫典理事    西村 久史理事     井上 章理事    児玉 直久理事    堀池 克彦理事(事務局長)
     水内 直理事   伊藤 康子理事   野口 智予理事   山内 幸雄監事   嶋本 富士雄監事
川田 雅之副会長    河合 悟副会長    山岸 孝啓会長    橋本 武也副会長    溝口 武美副会長

組織(2017年5月20日現在)

入所申込書はこちらから

PDFファイルの閲覧・印刷
ページの先頭へ
ページの先頭へ